努力=辛い?

みなさまは「努力」に対してどんなイメージがありますか?
以前の私は「努力」=「辛い」と思っていました。
辛い思いをしていないと、がんばっていない、とさえ思っていました。
だけど、心理学やコーチングを勉強し、多くの人とかかわる中で、
「かならずしも歯を食いしばるような辛い思いばかりしなくてよい」と思うようになりました。
むしろ、「楽しい」時のほうが良い結果が出ていることが多いこともわかりました。

Medetashistの未来の実現の中で、大切なことは「自分で行動する」ことだと考えているのですが、
必ずしも辛い思いをしなければならないわけではありません。
何を行動するか、なんのために行動するか・・・ここをしっかりおさえれば、辛い思いをしなくても結果に結び付けられると考えています。
やみくもに努力して辛い思いばかりする、がんばって努力しているのに結果がでない・・・こんな無限ループから脱出して、楽しく夢がかないまくる人が増えると良いなぁと思っています。

今日もお読みいただきありがとうございました。

よろしければ公式LINEの友だち登録もお願いいたします。

友だち追加